« 離任式 | トップページ | 来たれバスケ部へ »

2006年4月 8日 (土)

部員が足りない

長男は5年生になるまでレギュラーになれなかった。チームには6年生と5年生が15人もいたから。
30人近い子供達を、監督は一人で指導していた。全員を指導するのは難しいと思う。
練習は二組に分かれていて、ちびっ子の練習は基礎練習がほとんど。これではバスケ部に入れる価値がない。
次男は4年生になってからバスケ部に入れることにした。そうだな、とりあえず柔道部にでも入っておくか。
ところが、今年のバスケ部は、6年生が卒団するとたったの12人しか残らない。
ケガや病気で休む子が出ると、公式戦に必要な10人に足りなくなってしまう恐れが出てきた。うむむ…。
とりあえず次男を入団させて、ずっと休部させておくという手はどうだろう。休部しておけば部費もいらないし、送迎もしなくていい。そもそもバスケの基礎練なら家の方が練習できる。
試合のときだけ連れて行って、ベンチで観戦させればいいかも。一度、団長や監督に相談してみよう。

« 離任式 | トップページ | 来たれバスケ部へ »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/1328747

この記事へのトラックバック一覧です: 部員が足りない:

« 離任式 | トップページ | 来たれバスケ部へ »

最近のトラックバック