« 生ひとりでできるもん | トップページ | 離任式 »

2006年4月 3日 (月)

ショットガンパス

長男が足首をひねったので、今日は我が家の日課、2on2はお休み。パスの練習をすることにした。
手元を見ないドリブルからのワンハンドパスだ。
ワンハンドパスは、ボールを片手で持ってから腕を後ろに引くと時間がかかる。ボールをついている間に肩だけ引いておき、手に戻ってきたボールの勢いを使って、押し出すようにパスを出すといい。
四人が四角に並び、対角にいる相手とパス交換する。
対角線上をボールが往復すると、ボールが真ん中でぶつかることがあるかもしれない。
もし万が一、そのようなことがあるなら、周りを見ていない証拠だ。そんな子供は山に捨ててくればいい。
そういう状況でパスを出そうとしたことがそもそもの間違い。パスが出せないなら、肩を引いたまま、ドリブルを続ければいいのだ。
これを覚えると、どんな状況下でもドリブルを止めなくて済む。
パスを出すにしてもノールックで変な位置からボールが出てくるから、目の前のディフェンスには止められない。おすすめ。まじで。
慣れてきたら反対の手で。観客を沸かせたいなら、レッグスルーやインサイドアウトからも同じパスを出せるようにしよう。

« 生ひとりでできるもん | トップページ | 離任式 »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

では、今日のおすすめ。いただきます♪
肩を引いてドリブル。言われてみれば私やってますが気づきませんでした。
そして、ボールマンの練習になるのは当然ですが、同時にレシーバーの意識も高まりますね。
いつくるか集中してないとキャッチ出来ませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/1266737

この記事へのトラックバック一覧です: ショットガンパス:

« 生ひとりでできるもん | トップページ | 離任式 »

最近のトラックバック