2019年11月24日 (日)

伊勢ギーク2019

今日は伊勢ギーク2019当日。朝06:00、まだ暗いうちに家を出て一人で伊勢を目指す。
車へ荷物を積み込む作業は嫁に手伝ってもらい、現地での設置はツノ姉に手伝ってもらった。現地には2時間もかからずに到着した。

皇學館の某研究室の展示は毎年、子供向けのゲームだ。今年のイライラ棒は大作で、噛みつくような動きが凝っていた。
漆器を展示している方がいた。伊勢春慶と呼ばれる漆器だが、塗りも細工も粗く無骨な感じ。好みじゃないかな。
一室を借りて、レトロゲーム機を展示しているグループがあって、機器も充実していた。
ビスマス結晶の出展があったが、出展者が見つけられなくて話を聞けなかった。
転調が簡単にできる自作の弦楽器とか、256個の圧力センサ板とか、裸眼で見えるホログラムなんかが目を引いた。

VFDふぁんの人がこんな物を売っていたので1個買ってみた。

▽あとで写真

256×16ドット表示なので、楽器のインジケータとか、256×16ドットでできそうなゲームを作ろうかな。ある程度の在庫があって追加発注できることも確認できた。ワークショップのネタとして使えるかもしれない。

午後にはツノ丸がやって来た。ヤギの脱走を監視するメカが作れないかという相談を受けた。
年末は忙しいので正月にでも考えよう。

 

2019年11月21日 (木)

太鼓MMLの仕様

太鼓MMLの内部データをまとめておこう。
いずれマイコンで動かすことを考えているので、使えるRAMはほんの少し。
変換後のデータは1byteで表したい。
┌──┬──┐
│mmLL│LLLL│
└──┴──┘
m=楽器、L=音長である。
楽器は2bitなので、00~11の4種類、音長Lは6bitなので、00_0000~11_1111の64種類が表せる。
3連符を処理できるよう、最小の長さ00_0001=96分音符に設定すると、4分音符は96/4=24=01_1000となる。
2分音符は96/2=48=11_0000となる。残念ながらさらに長い音は使用できない。
全音符は休符と組み合わせて、o1ではなく、o2r2と記述すればいいだろう。

▽元のMML
o4o4o8x16x16x8x8 o8o4o8o8x16x16x8x8

▽変換後データ
0x58,0x58,0x4c,0x86,0x86,0x8c,0x8c, len=96
0x4c,0x58,0x4c,0x4c,0x86,0x86,0x8c,0x8c, len=96

空白は小節の区切りとみなし、小節毎に合計の音長を出力させた。
四分音符の音長は24、4/4拍子だと24×4=96となる。

2019年11月20日 (水)

太鼓の勉強

伊勢ギークのまであと三日だというのに、この期に及んで太鼓の勉強である。
ふむふむ太鼓の楽譜っていうのがあるのか。楽譜に沿ってPCで音を出せば、太鼓だけの曲が演奏できそうだ。
バイナリデータみたいなものを用意して、それに沿って演奏するのが簡単だが、バイナリデータはデータを作るのが面倒だ。太鼓専用のMMLを作ろう。

ドン=面打ちを○、カッ=胴打ちを×と表すらしいので、MMLだとoとx、これに休符のrを加えて記述しよう。
このoxrに音長を表す数字を組み合わせて記述する。
ドンの四分音符だとo4、カッの16分音符ならx16となる。

char mmlAraijuku[] =
"o4o4o8x16x16x8x8 o8o4o8x16x16x8x8 o8x16x16x8x8o4x16x16x8x8 r8x8o8.o8x16x16x8x8"
"o8o4o8o8x16x16x8x8 o8o4o8o8x16x16x8x8 r8o4o8r8o4o8 r8o4o8o8x16x16x8x8";

リアルタイムにMMLを解析しながら演奏するのはめんどくさいので、演奏前にデータ変換を行なう。
演奏する手順はこんな感じになる。

char mmlBuf[1000];
mmlConv(mmlBuf, mmlAraijuku); // データ変換
mmlPlay(mmlBuf);

テキトーにコードを書いて演奏したところ、思ったよりカッコいい。伊勢ギーク用のテーブル筐体にも実装しておこう。
問題は伊勢ギークまであと四日ってことだな。

 

2019年11月19日 (火)

太鼓化

テーブル筐体を太鼓として使えるようにした。コンパネのボタンを押すと、筐体に内蔵したPCから和太鼓の音が出るという簡単な仕掛けだ。

それで気付いたのだが、太鼓はバチで叩くと速く打てるが、コンパネのボタンだと速く打てない。
二つのボタンを同じ音に割り当てて、交互に叩けるように改良したが、それでもバチの速さには及ばないようだ。盆踊りの太鼓でさえ裏打ち(合いの手)が派手だと追いつかない。

鈴など、祭りで使えそうな楽器も鳴らせるようにした。
同時にいくつも発声できるので、一人でチンドン屋ができる…はず。
伊勢ギーク当日までに画像データを用意しなくては。

2019年11月17日 (日)

キムチ鍋

昨日の夕食は鍋物だったが、まだ少し残っている。
今年の春に漬けたキムチがまだ残っているので、キムチ鍋にしよう。

Kimchinabe

この時期、ニラは無限にある。
残っている鍋を片付けるつもりだったが、元より多くなってしまった。

2019年11月16日 (土)

コンパネにReviveUSB

プログラムがそこそこ動くようになってきたところで、そろそろメカ側に取り掛かろう。
テーブル筐体のコンパネにReviveUSBを内蔵する。
まずは配線を作った。一方はファストン端子、もう一方はブレボに接続するできるよう、Φ0.5mmの単線ワイヤをハンダ付けした。

Faston2single ▽右がファストン端子

このハンダ付け作業に2時間以上かかった。
できあがった配線をコンパネのレバーやボタンに接続してまずは動作確認。

Wintable ▽配線中

特に問題なく動いたので、とりあえず夜食タイム。

Udontable ▽あとで写真

え、Nintendo SwitchとかPlayStation4は、上でご飯食べられないの?

2019年11月15日 (金)

タマネギ定植

キャバクラ畑にタマネギの苗を植えた。(35+35+19)×5=445本くらい。

Onionhill

奥の畝に中生品種が植えてある、手前には早生品種を植える予定だ。
帰省していたツノ姉にも手伝ってもらった。祖母孝行な孫と親孝行な息子だと思うのだが、母はお礼も言わない。

苗が50本ほど余ったので、別の畝に仮植えしておいた。欠株が出たら補植するのに使おう。
12cm間隔で植えたが、15cmの方がよかった。来年からは15cm間隔にしたい。

 

2019年11月14日 (木)

ReviveUSB

ReviveUSBが届いた。キットを買ったので、自分でヘッダピンをハンダ付けしなくてはならない。
久しぶりにハンダゴテを握った。

Reviveusb▽ReviveUSB

PCにReviveUSBを接続すると、ReviveUSBはキーボードやマウス、ジョイスティックの混合デバイスとして認識される。
専用アプリを使えば、各ピンの役割を自由に設定できる。どのピンがレバーで、どのピンがボタンで、どのピンが何のキーなのか設定する。
設定値はPC側ではなく、ボード(ReviveUSB)側に記憶されるから、他のPCに持って行っても大丈夫。
今回はP1-6をコンパネのボタン1-6、P7-10をレバーの上下左右、P11-12をボタン7-8に設定した。

▽あとで写真

ReviveUSBの設定ツールは、見かけがカッコいいだけで、画像のピンをクリックしても無反応。
そのカッコいい画面が災いして、設定ツールの画面をキャプチャすると、やたらとファイルサイズが大きくなる。

 

2019年11月13日 (水)

カラカッタ

伊勢ギークに展示するテーブル筐体に手を入れている。去年までの作業で、アーケードゲームの画面と、WindowsPCがスイッチ一つで切り替えられるようになっている。
Windowsモードでは、PowerPointのプレゼン画面を表示していたが、紙に印刷した方が見やすい気がしてきたので、今年は印刷したものを展示することにした。

せっかくWindows側が空いたから、ロボット楽団に合いの手を入れられるプログラムを作ろう。
パソコンのキーボードを叩くと、和太鼓の音が鳴るようにした。
よく聴くフレーズ「ドドンがドン、カラカッタ、ドドンがドン…」を試してみたところ、いろいろ問題があることがわかった。
カラカッタという音は、太鼓の側面を2本のバチで叩く音だ。これは2本のバチを交互に叩くから間に合うのであって、キーボードやコンパネのボタン1個では間に合わない。
一つの音を2個のボタンに割り当てる必要がある。
さくさくと作れると思っていたが、実際やって見るとなかなか難しい。

 

2019年11月11日 (月)

タマネギの日

世間ではポッキーとプリッツの日として有名だが、我が家では11月11日はタマネギの日である。
タマネギの苗を畑に植える日だ。私はタマネギの苗をプランターで育てている。

Onionseedling▽タマネギの苗

このようなプランターが、早生×1本、中生×2本ある。
だが今日は仕事だし、明日は雨らしい。植えない方がいいかな。
職場から母に電話を入れた。

「金曜日に植えるから、苗にさわるな(小声)」

ところで、タマネギの植え付け日、11/11のこれ→1111ってタマネギの苗に見えるから覚えやすいと思う。

2019年11月10日 (日)

さらにキャバクラ畝立て

今日もキャバクラ畑まで遠征して畝立て。ホウレンソウとゴボウ用。ホウレンソウは平畝、ゴボウは深く耕して高畝にした。
いずれも大量に卵の殻を入れた。

私が作った畝に母がナバナを植えていた。だが苗の数に合わせて勝手に畝を延長していた。
畝も不細工だし、延長した畝がミカンの根元に達している。腹立たしいので延長された部分を粉砕しておいた。

今夜は山芋ステーキを作った。

 

2019年11月 9日 (土)

富有の収穫

庭のカキの木も色付いてきた。品種は富裕。前川早生次郎に続いて富有の収穫も始まった。

Kakifuyucrop2019

庭の富裕は200個ほど収穫できそうだ。

2019年11月 8日 (金)

キウイ収穫

キウイ(品種=紅妃)を収穫した。ついでにニラとかイチジクも。

Nirakiwifig

紅妃はかつて食べ切れないほどの収穫があった。だがイエローキウイは保存もできないし、大量に収穫するのも面倒だ。
そのため強剪定で樹を小さくし、ほどほどの量を収穫できるようにしている。
何回かに分けて収穫し、追熟しながら食べれば一か月にわたって食べられる。

カキの次郎も先日から食べている。

 

2019年11月 5日 (火)

伊勢ギークのネタ

そういえば、伊勢ギークのことを忘れていた。伊勢ギークには何を出品すればいいのか。10日ほどで作れそうなものを考えねば。
伊勢ギークでは、すっかりテーブル筐体の人になっているので、テーブル筐体ネタを考えたい。
WindowsPCでモグラ叩きみたいなゲームを作って、テーブル筐体のボタンを使ってプレイさせるのがよさそうだ。

まずはテーブル筐体のコンパネの入力をWindowsPCで拾う必要がある。
コンパネをUSBジョイスティックに見せかける回路を作らねばならない。USB-IO2.0AsooveUSBReviveUSBなんかでやればよさげ。
ゲームはWindowsのゲームライブラリでテキトーに作ろう。何年もさわったことがないが、定番のDX-Libでいいかな。

このモグラ叩きは子供客用で、叩いたボタンで打楽器の音が鳴る仕掛けにしておく。モグラ叩きを無視すれば、ロボット楽団と合奏できる。外部音声出力も筐体の外側に増設しておこう。

問題は、今から作って間に合うかということだな。

2019年11月 4日 (月)

タマネギの畝立て

今日もキャバクラ畑の畝(うね)立てだ。タマネギ用の平畝×3と、三重なばなを植える畝を作った。
使った肥料は玉子の殻と鶏糞だけ。産業廃棄物の親子丼である。

深い溝を掘って、サツマイモや落花生の残渣も埋めて処分した。
私が畝立てをしている間、畑に生える野良長芋を父に掘ってもらった。
父は長芋を作物と思っているようで、たとえ野良でも駆除されることなく育っている。
畑の畝に生えていると見苦しい上、掘り上げるのに手間がかかる。今後は畑から長芋を一掃する予定だ。
とろろが食べたかったら、丸型の治田芋(はったいも)を育てればいい。

Noranagaimo▽ナガイモ

食えそうなので、とろろ汁にして食べよう。

 

2019年11月 3日 (日)

海岸清掃

いつもの海岸清掃。海岸清掃のお土産は、松の樹皮とクルミの殻と決まっている。ブルーベリーの根元に敷くのだ。
これを1年間、ずっと繰り返してきたが、大株のブルーベリーの1株分にも足りない。
今日は思い切って市販のバークを一袋足してみた。内容量は忘れたが価格は1袋1,700円。
市販のバークは、産業廃棄物にしては高いと思うが、樹皮の角を丸めてあったりして、手間はかかっている感じ。

 

2019年11月 2日 (土)

キャバクラ畝立て

親が管理しているキャバクラ畑は、耕土が浅いし、畝が曲がっている。
ちょうど落花生とサツマイモを収穫した直後なので、私が畑を耕すことにした。
親が作った畝の位置は一切無視。丁寧に測量して、とにかくまっすぐな畝を作っていく。

キャバクラ畑には、父が植えた果樹があちこちにあるので、それをよけて畝を作らねばならない。短い畝がたくさんできるが、それはそれで味があっていい。

 

2019年11月 1日 (金)

畑ログ2019年11月

w. イチジク│山芋(治田芋)───────────────│里芋────
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ────────│スイセンPW──┼イチョウ────────────
e. ネギ(坊主不知)│空き──────┼ネギ(坊主不知)─────────
d. サヤインゲン│空き───────┼シシトウ(伏見甘長)│里芋────
c. 大根(早太郎)──────────┼BB/Natchez──│ラッキョウ───
b. 法蓮草AL──│白菜(無双)────┼秋ジャガ(ニシユタカ×13)────
a. BB/Natchez───│ニラ─────┼オニユリ───│小松菜(極楽天)─
9. オクラ/CTL│空き────────┼水仙旧ラ│水仙CM────────
8. ショウガ─│法蓮草AL│里芋│ウコ┼空き─────│バターナッツ──
7. バジル─────│白菜(無双)──┼白菜(無双)───────────
6. ヒオウギ────│空き─────┼BB/Natchez───────────
5. フキ/IK2────│イボタ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───
4. BB/Natchez─│クリ(JCF2)│ピスタ┼ネギ(坊主不知)─────────
3. ブルーベリー(BBBCCCGGGB)────┼イチゴ────│ヤタイヤシ───
2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCx)──────
x. 通路───────────────────────────────┼ 
0. BB(Navaho)─│フキAW───────────────│シラン│アヤメ┼

2019年10月29日 (火)

シシトウの佃煮

シシトウを刻んでだし醤油で煮て佃煮作った。
この時期のシシトウはクチクラも固いし、佃煮として食べてもあまりおいしくない。

Shishitotsukudani

果実は汁気を切ってから板状に冷凍する。こうすると包丁で簡単に切れる。
使いたい分だけを切り取って、料理を作る時に隠し味として使う。デミグラスソースとカレーなどによく使う。
煮汁も苦くておいしい。こちららも板状に冷凍し、適当に割って料理に使う。
果実と煮汁をばらばらに冷凍すれば、好きな分だけ使うことができる。

 

2019年10月28日 (月)

冬ネギ定植

そろそろ冬用のネギを植えなくてはならない。
ニラの横に畝が空いているのだが、ニラのサビ病はネギにも感染する(と思う)ので無理だ。

そんなわけで、昨日、バターナッツカボチャを撤収した場所に冬用のネギを植えた。
記録によると、この場所は2017年前にもネギを栽培していたようだ。連作気味だがサビ病よりはマシ。

普通のネギは夏に植えるらしい。
だが我が家のネギは坊主不知(ぼうずしらず)という品種。この品種はタネではなく株分けで苗を作るから苗が大きい。植え付けが多少遅れても冬に間に合う。
ちょっと涼しくなった10月初旬くらいに植えるのがベストかな。

 

 

«種芋の種芋

最近のトラックバック