2019年6月13日 (木)

お手伝い

今日はPCメンテのお手伝いである。全PCに特定のソフトをインストール(orアップデート)する仕事だ。
早く終われば早く帰れるので、我々は昼休みも作業を続ける。
社員がいるデスクは問題ないが、社員不在のPCは、Windowsのスクリーンセーバが動き出し、ロック画面が出て作業できない。
社員がいるPCを優先的にメンテしよう。
作業をしていたら、1台のPCが大音量で恥ずかしい音声を流し始めた。何かの広告らしいが、ハゲとデブのCMが多いようだ。じつにシュールな光景である。
音声を止めようにも、スクリーンセーバにパスワードを入力しないと解除できない。
とりあえずデスクの上にあったヘッドホンをPCの出力端子に挿して音を消した。

どうやらこういうことらしい。
WindowsでYouTubeの動画を見る。YouTubeを停止して、ノートをたたんで昼食に出る。
いつもならログアウトするところだが、我々が昼休みにも作業すると聞いて、ログアウトせずに放置したようだ。
放置されたノートPCは、そのままWindowsのスクリーンセーバでロックされるので作業できない。
だがその裏で、一時停止されたYouTubeは開かれたままになっている。YouTubeは一時停止が長く続くと、広告動画の再生を始める仕組みになっている。それで恥ずかしい広告が再生されたというわけだ。
一見、たいした問題ではないように思えるが、昼休憩の直前に仕事をさぼってYouTubeで動画を見ていたことや、ハゲやデブに効果がある何かを検索したということはわかる。

 

2019年6月12日 (水)

ゴーヤ苗

先日、ゴーヤのタネをまいた。まだ芽は出ていない。
我が家でゴーヤ好きなのは、私とツノ姉の二人である。母からすると、息子はどうでもいいが、孫の大好物ということになる。

母「今年はゴーヤ植えへんの?」
私「まいたけどまだ芽が出てへん」

朝、そんな会話をしたような気がするが、夕方には玄関に苗が置いてあった。
孫のために苗を買ってきたようだ。この苗はちゃんと畑に植えよう。
高速道路のフェンスに這わせるゴーヤは、100円ショップで買って来たタネでこれから苗を作る。

 

2019年6月11日 (火)

クッカーの処理

クッカーセットのフライパンはまったく使っていない。買った時のままで、金属臭が残っている。
米のとぎ汁を沸騰させて匂いを抜いてやろう。ガス代がもったいないので、かまぼこの板×3枚を割って燃料にした。

▽ここに写真

あやうく吹きこぼれるところだったし、部屋の中が煙だらけになってしまった。
換気扇の下でやったのに、煙の排出が追いつかない。
室内のたき火はもう二度としないと誓った。

今度やる時は木炭を使おう。木炭はたき火ではない。

2019年6月10日 (月)

ゴーヤテロ計画

今年は畑にゴーヤを植える予定だが、毎年、うまく育たない。そんなわけで山林に植えることにする。
山林から伸びたゴーヤのツルが、高速道路のフェンスに伸びてもしかたあるまい。そういう作戦である。
100円ショップのダイソーで、ゴーヤとモロヘイヤのタネを買ってきた。2袋で100円。

 

2019年6月 9日 (日)

ヴィアティン観戦

雨の中、サッカーの試合を観に行った。今日はヴィアティン三重のホームゲームで、試合会場が近い。
JFL第10節 FC今治(5/16位) vs ヴィアティン三重(8/16位)というカードである。

雨の日は畑仕事もできないし、観戦にはちょうどいい。しかも今日は先着1,000人(※1)にレインウエアがもらえるらしい。レインウエアは2,000円相当の商品だから、入場料なんて実質無料である。
浮いたお金で新作のタオルを買ってチームに還元しておこう。

▽あとで写真

JFLの状況だが、ヴィアティンよりも上位の7チームは順に、ソニー仙台FC、HondaFC、東京武蔵野シティFC、ホンダロックSC、FC今治、FCマルヤス岡崎、FC大阪となっている。
そしてヴィアティンより下位は順に、ヴェルスパ大分、ラインメール青森、MIOびわこ滋賀、テゲバジャーロ宮崎、鈴鹿アンリミテッド、奈良クラブ、流経大ドラゴンズ龍ケ崎、松江シティFCとなっている。
お気づきだろうか。JFLは、FC(FootballClub)とか、SC(SoccerClub)と名乗っているチームは基本的(※2)に強い。
ヴィアティンはFCとかSCと名乗っていないチームの中ではJFL最強と言っていい。
今日の試合は2-1で負けたが、FCとかSCと名乗っていないチームの中では相変わらず首位だ。

※1. この日の入場者数は716人だから、全員にレインウエアが配布された模様。
※2. 松江シティFCごめんw

 

2019年6月 8日 (土)

テロ計画

知人と一緒に、近所のダムを歩いてきた。
伊坂ダムは1966年竣工で、ダムを囲むように遊歩道がある。遊歩道は手直しが何度もあったためか、街路樹の統一感がまったくない。

当初植えられていたプラタナスなどはすっかり枯れてしまった。桜は枯れてしまった木も多いが、平成の植樹祭で植え直された若木がたくさん育っている。ニセアカシア、ナンキンハゼといった、特定外来種に指定されそうな連中も多い。
そんな樹木を植えるくらいなら、カヤとかトチとかマテバシイなどの樹木を植えてほしいものだ。

ダムの周囲、山林にカジイチゴとか生えていたら人気出ないかな。
外来種でいいならいっそブラックベリーという手もあるな。
畑で増えた苗を抜いて、ダムの近くの山に捨ててしまえばいいのかな。

 

2019年6月 7日 (金)

母の梅酒

孫が梅酒好きだと知った母は、わざわざ梅の実を買ってきて梅酒を漬け始めた。
スマホで写真を撮って、ツノ丸に「ばあちゃんが死んだら飲み頃」という内容のLINEを送っていた。
ホワイトリカーとラム酒、2ビン合わせて2.5Lほどの梅酒が並んでいる。

ツノ丸が飲んでいた梅酒は私が子供の頃に漬けたものだ。一番若くて20年モノだから、よほど母が長生きしないと太刀打ちできないと思う。
高速道路が通る前は、山の畑にたくさんの梅の木があった。梅の実は採り放題で、もったいないからと梅酒や梅ジュース、梅干しを作っていた。
キャバクラ畑にもウメの木が2本植えてあって、2mくらいの高さに育っている。
だが毎年、数粒しか実がならない。そういえばこいつらって南高と豊後だよなあ。今気付いたけど、受粉樹なくね?

 

2019年6月 6日 (木)

ブルーベリー収穫

ブルーベリーの実が色付いてきた。
今年は主力品種の多くを植え替えて、その時に強剪定と摘蕾をした。よって実が少ない。
残った鉢植えの自根苗が茶碗にいっぱい程度収穫できる程度だ。

Cooper(SH), Jubily(SH), Misty(SH), Riveille(SH)あたり。
サザンハイブッシュ系の品種は、総じて味がいいのだが、どれを栽培するかとなると迷ってしまう。
何か一芸があれば、たとえばCooperは茎、Mistyは葉、Riveilleは花が美しいという理由で栽培している。
JubileeはイニシャルがJという理由により栽培されているが、葉が黄色いことも重要だ。濃緑のMistyの横にあると映える。

いずれは、我が家から鉢植えのブルーベリーをなくす予定だ。
またイニシャルがダブっている品種も処分しようと思っている。

 

2019年6月 5日 (水)

オクラ定植

オクラ(品種=クレムソンスピンレス)の苗を植えた。
うちの畑はネコブセンチュウが多いのか、オクラを植えるとネコブ病にやられて枯れてしまうことが多い。
そのため、真夏にもう一度タネをまき、第2陣に更新する予定だ。

2019年6月 4日 (火)

梅ジャム

母が先日、梅の実をもらってきた。
田舎なので放任のウメの木がたくさんある。自分で収穫すると言えば、いくらでももらえる。
今回もそんな実を収穫してきたようだ。

母はその実で梅ジャムを作ったのだが、まずくて食えない。
あまりにまずいので捨てることになったが、とりあえずポン太たちのエサに混ぜてみる。食べるかなあ。
きなこか米ヌカをこの梅ジャムで練って置いてみよう。
青梅には青酸化合物が含まれるが、加熱すれば消えるらしい。

青梅は梅酒とか梅ジュース、黄色く熟したウメは梅干しやジャムに適しているが、梅ジャムなんて梅酒から引き揚げた実で作ればいいと思う。

梅ジャムに失敗した母だが、孫(ツノ丸)が梅酒好きということを話したら、再びやる気になっている。

2019年6月 3日 (月)

血液検査

痛風の薬を飲み始めて一か月、尿酸値を調べるため、血液検査をした。

先日、アシナガバチに刺されたので、ついでにハチ関係の抗体値も検査してみた。
ハチ関係は、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチそれぞれの検査が可能になっているようだ。
スズメバチには刺されたことはないので、ミツバチとアシナガバチだけ検査した。

▽あとで写真

アシナガバチの抗体値が、ミツバチよりも高くなっている。
アシナガバチは先日刺されたばかりだからな。

 

2019年6月 2日 (日)

海岸清掃

某海岸で海岸清掃に参加した。私と嫁はゴミ拾いをせず、外来種の駆除部隊に入ることにした。
今日は土を掘る道具を持って来た。手で駆除しにくいビロードモウズイカやキミガヨランを根から掘り上げて処分した。

しばらくすると指導員(?)の方がアメリカネナシカズラの群落を発見した。
アメリカネナシカズラは外来種の寄生植物である。他人の養分で成長するため、凄まじい勢いで成長し、あたり一面を黄色のじゅうたんに変えてしまう。
広がる前に駆逐しなくてはならない。20人以上が狭い範囲に集まって駆除開始。
アメリカネナシカズラに寄生されたハマゴウやテリハノイバラごと刈り取って駆除した。
5坪くらいのエリアを更地にしたが、ハマゴウなどの木本類は根があるから復活するだろう。
しばらくすると別の場所でもアメリカネナシカズラが見つかった。さっそく駆除…と思ったら、カモの巣発見。ここはいったん作業を中止して、来月に作業することに。

▽あとで写真

陸地にオニグルミの幼樹を見つけたので、棒を立てて、石で囲ってみた。
海岸にはオニグルミの成木が1本あるが、もっと数が増えてクルミの林ができるといいのだが。
少なくとも外来種のナンキンハゼやピラカンサよりはいいだろう。

 

2019年6月 1日 (土)

畑ログ2019年6月

w. イチジク│山芋(治田芋)─────────────────│里芋──
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ────────│スイセンPW──┼イチョウ────────────
e. ネギ(坊主不知)─────────┼空き──────────────
d. 法蓮草(Active)─│空き─────┼シシトウ(伏見甘長)──│里芋──
c. ジャガイモ(シェリー)──────┼BB(Natchez )─│ラッキョウ───
b. ジャガイモ(シンシア)──────┼空き──────────────
a. 空き──────│ニラ─────┼オニユリ───│空き──────
9. ────────│治田芋のむかご┼水仙旧ラ│水仙CM────────
8. ショウガ─────│里芋│ウコギ┼コーン(ゴールドラッシュ)────
7. 空き─────────│コーン─┼水仙IF&SLM│水仙────────
6. ヒオウギ────────────┼BB(Natchez )──────────
5. フキ(IK/2)─│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ネギ(坊主不知)─────────
3. ブルーベリー(BBBCCCGGGB)────┼イチゴ────│ヤタイヤシ───

2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCx)──────
x. 通路───────────────────────────────

 

2019年5月31日 (金)

バターナッツカボチャ第2陣

EUを脱退すると言い出したおバカな国から、バターナッツカボチャのタネが届いた。
こちらが今年の本命品種、Mr.Fothergill's Butternut Squash - Sweetmax F1である。

先日も書いたが、野菜のタネなら海外の品種であってもamazonで買える。いい時代になったものだ。
このSweetmaxは、ナント交配のすずなりバタ子さんよりずんぐりしているから、同じ品種ではなさそうだ。収穫後に見分けることも可能だろう。
さっそくまいた。立派な苗になっておくれ。
うちの畑にはSweetmaxを植えるから、バタ子さんは、ゴーヤと同様、どこかの土手に植えてくる予定。

 

2019年5月30日 (木)

トウモロコシ第2陣

トウモロコシ第2陣のタネをまいた。
第1陣はゴールドラッシュだったが、今回の第2陣はサニーショコラにした。
サニーショコラは背が低くて育てやすい。
今年は月に二度くらいのペースでまきたいと思っている。

トウモロコシの第1陣は、低温が続いたことで発芽が遅れ、苗の育ちも悪かった。定植してからも育ちが悪い。
トウモロコシは収穫までの時間が決まっていて、成長が遅れていても時期になると出穂する。
初期生育が遅れてしまうと、まともなものは収穫できないので植え直した方がいい。
ゴールドラッシュ君、聞いているかい?
抜かれたくないなら早く大きくなるように。

2019年5月29日 (水)

ナント交配

先日のすずなりバタ子さんは、アタリヤ以外にナント交配からも販売されている。
アタリヤのタネは、たったの5粒しか入っていなかったが、ナント交配だったら7粒入りらしい。通販で買うならナント交配のタネがいいと思う。
スーパーやホムセンでよく見かけるのはアタリヤだから、そこらで買いたいというならあまり選択肢はない。

そのバタ子さんだが、バタ子さんはF1品種ということになっている。
まさか国内でバターナッツカボチャの育種をしているとは思えないから、ナント交配が海外のF1品種を輸入し、おバカな名前を付けて卸しているのではないだろうか。
バタ子さんという名は商標登録されていないのだが、どうしてナント交配だとわかるのか。
それはナント交配が販売しているタネを見ればわかる。

おおもの、AMAZON、ナスがママ、できすぎなるなる、クールチャージ潤、怪盗ルビー、ラオウ、ケンシロウ、ライオンキング…。
もはや、何がなんだかわからない。どこからツッコんでいいのかもわからない。
AMAZONは品種名がアルファベットになっている。てっきりamazon.comだと思ったら大間違い。赤と緑が混じったトマトである。元ネタはきっとこれ。

Mramazon ▽仮面ライダー

ケンシロウの元ネタはきっとアレなんだろうなって名前だが、パッケージはこんな感じ。

▽あとで写真

これだけではまだアレだとは言い切れないって?
ナント交配のカタログにはちゃんと「お前はもう…植えている…!?」と書いてあった。どう見ても確信犯ひでぶっ!!

2019年5月26日 (日)

バタ子さん

海外からバターナッツカボチャのタネを取り寄せているが、いつ届くのかわからない。
念のため国産のタネをまいて苗を作っておきたいところだが、近所のホムセンではタネが見つからない。
ネット通販で取り寄せたとしても、土日は定休日だから、さらに数日遅れるのか。
嫁に頼んで、以前買ったことがある店でタネを買ってきてもらった。

▽あとで写真

袋の裏に品種名が書いてある。

▽あとで写真

すずなりバタ子さん…。
F1品種だから従来の品種より豊産らしい。バターナッツカボチャは育てやすいから、固定種でいいんだけどな。
タネはたったの5粒しか入っていなかった。1粒100円のタネである。

説明を読むと、貯蔵して11月頃まで食べられる…とある。
私は冬の間ずっと食べ続けるつもりだが、まさかバタ子さんは貯蔵性に欠ける品種ではあるまいな。

 

2019年5月25日 (土)

ケイピンエース

ゴーヤのタネがあったのでまいてみた。
昨年食べたゴーヤの中に入っていたタネだから、芽が出るかどうかわからない。
私はゴーヤを育てるのがどうも苦手なので、苗ができたら山に植えようと思っている。
高速道路に接する山林に植えたものが、フェンスに偶然巻き付いてゴーヤが鈴なりになるのではないか。

そんなゴーヤのために金網付近の雑草は根絶やしにしておきたい。
ツルになるクズという雑草が厄介だが、それにはケイピンエースという除草剤がオススメ。

これはクズ専用の除草ピンだ。クズの首をはね、切り口にこいつを刺しておけばキレイに始末できる。
どんな雑草にも効くので、ヤブガラシやヘクソカズラ、カナムグラなんかにも使えると思う。
ちなみにこのクスリ(?)は地元、四日市で作られているっぽい。

 

2019年5月24日 (金)

畑仕事

ジャガイモとトウモロコシに肥料を与えた。

うちの畑は金曜から月曜にかけて水やりをしている。
ホウレンソウとかシシトウとか、里芋とか。今年から畑のブルーベリーが増えたので、運ぶ水の量が増えた。
地植えのブルーベリーは、コガネムシで枯れることもないから植木鉢ほど手間はかからない。
数日、水やりをさぼっても平気だが、水やりなしで夏をしのぐのは難しいと思う。

これくらいのブルーベリーを収穫したければ、水やりは必要だと思う。

 

2019年5月23日 (木)

ホウレンソウ収穫

ホウレンソウ(品種=アクティブ)第1陣を初収穫。真夏日が続いているので、水やりが欠かせない。
そろそろ次のホウレンソウをまかねばならないが、この気温だと不織布とかかけたりしないと栽培できないかもしれない。

 

«フェブリク再び

最近のトラックバック