2019年5月13日 (月)

ジャガイモの土寄せ

夕方、ジャガイモの畝(うね)の左右、ほとんど通路に当たる部分に水をまいた。

それから2時間後、水が土にしみ込んでから土寄せをした。その上に化成肥料8-8-8をまいた。
今回が二度目の土よせで、ジャガイモの低かった畝が、ようやく畝らしい高さになってきた。

▽あとで写真

土寄せがが終わるころにはずいぶん暗くなっていたが、仕事はまだ残っている。シシトウの苗を植えた。時間がないのでシシトウは寝かせて植える斜め植えにした。
寝かせて植えると、しばらくは支柱がいらないから作業時間を短縮できる。

トマトやシシトウなど、挿し木で根が出る植物は寝かせて植えると調子がいい。土に接している茎から根が出て、いずれ立ち上がる。こうして植えた苗は強風にも強い。

そういえば、ツルになるスイカやカボチャ、キュウリなんかも寝かせた方がよく育つような気がする。

 

2019年5月12日 (日)

トマト定植

キャバクラ畑のトマト棚に、ようやくトマトの苗を植えた。大玉×3、中玉×2本。
苗は寝かせて植える。だから先端が起き上がってきてから支柱を立てればいいい。
できれば最後まで支柱なし、吊りヒモで支えるような栽培方法をやってみたいと思っている。

そういえば先日、親が植えたスイカがひどい。スイカは私が作った畝に植えてあったが、肥料も入れてないし、畝も細いままだ。
スイカの根はいずれ地中に広がるから、苗の周囲を通路ごと耕して緩効性肥料をすき込んだ。
湿地畑から刈り草を運んであったので、それを敷き詰めてスイカ畑完成。

カンキツ類をさらに剪定した。伊予柑と、メイポメロと、グレープフルーツ。
カイガラムシを手で取りながら、小さな枝まで丁寧に剪定した。

 

2019年5月11日 (土)

鹿肉ハム

賞味期限を一か月ほど過ぎた鹿肉ハムを冷蔵庫で発見した。一か月なんて余裕で食える。

Shikaham▽鹿肉ハム(半額)

これを焼いてビールでも飲むことにしよう。
とりあえず裏山で薪を拾ってきた。薪拾いの所要時間はほんの2分である。

Firewood▽拾ってきた薪

比較のために、5号鉢のパンジーを並べてみた。
大き目の枯れ枝ばかり拾ってきたので、小さく折って使う。ノコギリで枯れ枝の裏側にほんの少し傷を付けて飛び乗ると簡単に折れる。
コンロを地面に置くと、腰を曲げて作業しなくてはならない。テーブルを持ち出すのも面倒だ。
いつものBBQコンロを置いて、その上にたき火台を置いてみた。

Cookingstove▽BBQ台はテーブル

ソロキャンプの定番は鹿番長のコレだと思うが、コレよりちょっと大きくて、家で使うにはこっちの方が便利。
BBQコンロを使うと、多少長い薪も使えるし、火がついた薪がこぼれ落ちても平気。何しろテーブルと違って耐火性は抜群。

ハムだけじゃ味気ないので、畑でタマネギをひっこ抜いてきた。
テキトーに刻んで焼いて、ポン酢をかけただけで相当うまい。

 

2019年5月10日 (金)

草刈りと剪定

湿地畑と畦(あぜ)の草刈りをした。刈り草は集めて乾燥させ、畑の敷き草として利用する。

それから、キャバクラ畑に移動して果樹を剪定した。ほとんどがカンキツ類だ。
いろんな種類のカイガラムシが着いていて、スス病もひどい。
花も少ないし、今年は去年ほど実はならないだろう。
樹形もすっかり乱れている。仕立て直すつもりで、ばっさばっさと枝を落としてやった。
ちゃんと根元が見えるようにして、樹の下にミツバチの巣箱が置けるようにしたい。
軽トラ1杯分くらいの枝を落とした。
剪定していると、樹の内部に果実がなっていたりする。またグレープフルーツが10個ほど増えた。

キャバクラ畑の剪定枝はいずれ湿地畑に運んで焼却する。反対に湿地畑の刈り草は、キャバクラ畑に運んで敷き草にする。

2019年5月 9日 (木)

カリブラ地植え

昨年育てていたカリブラコアが越冬したものの、かなりみすぼらしい。
適当に切り詰めてみたが育ちが悪い。新しい土に植えるとよく育つが、古い土のままではさっぱり育たない。こいつらは連作をひどく嫌うようで、同じ鉢土のまま育てると育ちが悪い。
仕立て直すのも面倒なので畑に植えることにした。
カリブラコアは酸性の土を好むので、ブルーベリーの畝に植えたらよく育つかもしれない。

ブルーベリーの畝(うね)の端や合間にテキトーに植えてみた。

▽あとで写真

土のpHが低すぎて育たない可能性はある。
せっかくの花だけど、カリブラコアは蜜を出さないので、ミツバチには役立たない。

 

2019年5月 6日 (月)

キャンプ予定地

巷でソロキャンプなるものがはやっている。
車で出かけて、焚き火でご飯を作って飲んで寝て帰って来るというのが定番らしい。
焚き火でメシを作って食うだけなら、自宅の庭でもよくやっているが、自宅だと水道はあるし、足りない道具があれば、家の中から持ってくればいい。野外だったらこうはいかない。

近くの山林で練習したいのだが、田舎の山林で火を使うわけにはいかない。
とりあえずうちの畑でやればいいかな。一応、湿地畑やキャバクラ畑には、こんな感じのエリアが残してある。

Campingarea▽キャンプ予定地

そこそこ果樹が植えてあるので道路からは見えない。水田からは丸見えだから、タープを1枚張ろうと思っている。
トイレは自宅まで戻ればいいとして、持ち込んだ物資以外は使用禁止でやってみたい。
野菜はすべて現地調達(畑から盗む)という謎ルールがあってもいいかな。

 

2019年5月 5日 (日)

海岸清掃

海岸清掃に参加した。嫁に加えて、帰省していたツノ姉とツノ丸も一緒である。
ウズ丸は帰って来なかったが、100km以上離れた別の海岸で彼女とデートしていたようだ。

海岸清掃ではいつも通り、クルミとマツの樹皮を拾ってきた。
この時期、海岸では何十本ものクルミが発芽しているが、海に近すぎて成木にはなれないだろう。
台風などでクルミの実がもっと陸よりに打ち上げられて、さらにそれが土に埋まって発芽するとなるとかなり難しい。
実際、そこの海岸でもクルミの成木は1本しか確認できなかった。

砂浜の芽生えを何本か、陸に移植してやろうかとも思ったが、移植後に与える水がないのであきらめた。

 

2019年5月 4日 (土)

夏野菜の苗

コメリ(とカインズ)で、うちの親に頼まれた夏野菜の苗を買ってきた。

ナス(千両2号)@59×5 = 295円
ピーマン(夏みどり)@60×3 = 180円
キュウリ(節なり)@59×5 = 295円
中玉トマト(レッドオーレ)@218×2 = 416円
大玉トマト@328×3 = 984円
カボチャ(?)@98円
大玉スイカ(?)@208円
大玉スイカ(甘い彗星)@498×2 = 996円
──────────────────────────────
合計 = 3,472円

甘い彗星は3倍体の種なしスイカだ。
3倍体の品種は自身の花粉では受粉できないため、受粉用に2倍体の品種を植える必要がある。

 

2019年5月 3日 (金)

パレット目当て

地元のホムセンに愛用しているパレットが積み上げられていた。
私が愛用しているパレットはこれ。

▽あとで写真

パレットは花苗を買った人のために置いてある。パレットをもらうためには、何か苗を買わねばならない。

ししとう(伏見甘長)@59円×5
バジル@98円
パクチー@198円
ローズマリー@198円

パレットを買った方が安いというツッコミはわからないでもない。
そもそももっと丈夫なパレットが100円くらいで買える。

▽あとで写真

あとは、打ち込み丸カンΦ13mm×45cm@548円、打ち込み丸カンΦ6mm×20cm×10本@498円、ジョウロ10L@898円などを購入。
帰宅したら、シシトウの苗を見た母が、夏野菜の苗を買って来てほしいとのこと。
明日もコメリである。

 

2019年5月 2日 (木)

トマト棚を作った

キャバクラ畑にトマトの棚を作った。ビニールの雨よけ棚である。
作業はこんな感じ。

(1)肥料をまいて耕す
(2)ペグを打ち、ガイドロープを張る
(3)ガイドロープに沿って穴を開ける(穴開け杭が便利)
(4)アーチ支柱を立てる
(5)アーチの頂点を支柱で固定
(6)アーチ側面、ビニールが届く高さに支柱を固定
(7)ビニールを張ってパッカーで固定
(8)畝立て

▽あとで写真

地元のコメリで販売されていた16mm支柱は最長が240cmだった。
棚の長さを240cmと決めれば、ずいぶん安く作れる。240cmに対して、75cm間隔で4本のアーチ支柱を立てると、こんな感じになる。

セキスイ菜園アーチ支柱Φ16mm×H210cm×W70cm@698円×4 = 2,792円
支柱Φ16mm×240cm×5@1,020円
パッカーΦ16mm×10@328円×2 = 656円
菜園クロスバンドΦ16-20mm×10@258円×2 = 516円
ビニール0.1mm×185cm×5m@1,680円
──────────────────────────────
合計 = 6,664円

今回のトマト棚(→材料)から、アーチをたった1本減らすだけで3,000円も安くなる。

 

2019年5月 1日 (水)

畑ログ2019年5月

w. イチジク│山芋(治田芋)─────────────│里芋(土垂)───
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ────────│スイセンPW──┼イチョウ────────────
e. ネギ(坊主不知)─────────┼空き──────────────
d. 法蓮草(Active)─│空き─────┼空き──────────────
c. ジャガイモ(シェリー)──────┼BB(Natchez )─│ラッキョウ───
b. ジャガイモ(シンシア)──────┼ニラ─────│空き──────
a. 空き──────│ニラ─────┼オニユリ───│空き──────
9. ソラマメ(陵西一寸)───────┼水仙旧ラ│水仙CM────────
8. 里芋(伊予美人)│────│ウコギ┼────│ジャガイモ(ニシユタカ)
7. サヤエンドウ×16───│空き──┼水仙IF&SLM│水仙────────
6. ヒオウギ────────────┼BB(Natchez )──────────
5. フキ(IK/2)─│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ネギ(坊主不知)─────────
3. ブルーベリー(BBBCCCGGGB)────┼イチゴ────│空き──────
2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCC)──────
x. 通路───────────────────────────────┼ 
0. BB(Navaho)─│フキAW───────────────│シラン│アヤメ┼

2019年4月30日 (火)

トマト棚

うちの両親は毎年、トマトを栽培している。
今もトマトを収穫したいという意欲は変わらないが、栽培する意欲は失せてきたようだ。
今年は私に、トマトの植え付けを丸投げしてきた。
カッコいいトマト棚を希望というので、とりあえずコメリで買い物。
アーチの間隔を75cm×5=375cmで設計したらこんな感じになった。

セキスイ菜園アーチ支柱Φ16mm×H210cm×W70cm@698円×6 = 4,188円
支柱Φ16mm×210cm×5@798円×2 = 1,596円
パッカーΦ16mm×10@328円×4 = 1,312円
菜園クロスバンドΦ16-20mm×10@258円×4 = 1,032円
ビニール0.1mm×185cm×5m@1,680円
──────────────────────────────
合計 = 9,808円

トマト棚だけで約1万円もかかるが、道楽ならこんなものだろう。
近所に支柱を使い捨てにしている方がいて、毎年シーズン終わりになると、抜いた支柱をくれる。
パッカーやクロスバンドも手持ちがあるので、これらを使えば7,000円ほどの出費で済む。
ビニール以外は10年くらい使い続けるつもりだ。

 

2019年4月29日 (月)

朝からダンス

テレビの深夜番組を見てごろごろしていたら夜が明けた。
ラウンドワンは朝07:00から営業していると聞いて、ツノ丸と一緒に踊りに出かけた。
昼過ぎに力尽きて帰って来たが、足の親指とか、ふくらはぎの筋肉が痛い。

 

2019年4月28日 (日)

畑にミケ

畑仕事をしている間、畑にレジーとミケを放してみた。ちなみに犬とウサギである。
畑から道路に出るのは難しいので、畑から出ていくことはない。
ミケはクローバーの上に置いてやったが、あまり好きではないらしい。麦のところまで移動して、麦の葉を食べている。

レジーは楽しそうに畑をうろついていたが、いつの間にか湿地畑に下りていた。泥だらけになるのはしかたがない。逃げ場もないし、まあ好きにすればいい。
が、気付いたらポン太の餌場(生ごみ捨て場)までやってきて、ゴミあさりをしていた。生ゴミの上にひっくり返ってごろごろしたようで、背中から生ごみの匂いがしている。

夕方、レジーと一緒に風呂に入った。

 

2019年4月27日 (土)

DANCERUSH

ゴールデンウイークで帰省しているツノ丸と一緒にラウンドワンに出かけた。
DANCERUSH STARDOMというダンスゲームがお目当てだ。
ずっとプレイしたいと思っていたが、設置されている店舗が近くにないし、一人で遠征する元気もない。
踊れる農業系プログラマはなかなかいないと思うが、我が家には二人もいる。

なかなか楽しかったので、連休が明けたら仕事帰りに通ってみたい。

2019年4月26日 (金)

ボヘミアン・ラプソディ

先日、ボヘミアン・ラプソディのDVDが発売された。
にもかかわらずに、今更、映画を観に行った。
映画が終わるのは深夜23:50ということもあって、広い劇場に客はわずか5人。
映画館で見てよかったと思える映画だった。1,000円の価値はあった。

映画の中で、フレディがブライアンに対して「お前なんてQueenがなけりゃ…(間)、ただの天文学者」みたいなことを言うシーンがある。
もちろんフィクションだと思うが、ブライアン・メイはガチの後に博士号を取得したガチの天文学者だ。
はやぶさ2が滞在する小惑星「リュウグウ」の撮影に成功すると、すぐさまリュウグウの立体画像を作って公開していたし、はやぶさ2がリュウグウに着陸したときにも、JAXAにビデオメッセージを寄越したほど。

ビデオメッセージがなければ、たぶん映画のことは忘れていたと思う。

 

2019年4月25日 (木)

白菜のキムチ化

白菜の漬物をすべて漬け樽から揚げることにした。
漬け汁の水面、浮遊物にカビが生えていたりするが、水面下にあった白菜は問題なし。
今のところ味も問題なかったのだが、このまま最後まで食べ切れるとは思えない。
白菜を刻んで漬け汁を絞り、キムチ漬の素にまぶしてミニ樽に漬け込んだ。

▽あとで写真

ミニ樽は冷蔵庫で保存できるから、さらに一か月は保存できると思う。

 

2019年4月24日 (水)

トゲなしオクラ

ここ数年、オクラはガリバーという品種を作っている。
F1品種で強健らしいが、ネコブ病が出て草勢が衰えることが多い。あと収穫時にトゲが刺さる。
オクラの味なんてたいして違いはない。私はとにかくトゲが嫌いなのだ。
そんなわけで今年は、クレムソンスピンレスという品種を育てることにした。

Clemson spineless
Clemson = 米国サウスカロライナ州の地名
spineless = とげのない、背骨のない[弱い]

そのまんまだな。

オクラは毎年、ひどいネコブ病とモグラ穴のコンビネーションで枯れてしまうので、今年は途中で第2陣を植える予定だ。
まだ気温が低いのでタネはまかない。

 

2019年4月22日 (月)

キャバクラ畑の再生

キャバクラ畑は両親が管理している。年寄りが管理する畑はたいてい畝(うね)が曲がっているし、耕土が浅い。うちのキャバクラ畑もそうなりつつある。
土に腐植質が少ないことも気になる。作物残渣を埋めたりせず、畑の外に持ち出して処分しているのだろう。
キャバクラ畑の由来となった果樹も半分以上が枯れた。
カンキツ類を剪定もしなければ、摘果もしない。せとか、はるみ、きよみ、甘夏、ネーブルが枯れたようだ。

そろそろ恥ずかしい感じの畑になってきたので、私が手を入れることにした。
畑を測量してから、平行な畝を10本ほど作った。
今まで耕耘機(こううんき)を使って土を耕していたようだが、私はクワしか使わない。筋トレ代わりにちょうどいい。
平行な畝を作るためには栽培中の作物の畝だって削る。
夏野菜を植えるためには、たくさんの畝が必要になるからしかたがない。

今までの耕土はせいぜい10cm程度だったが、私が耕すと耕土が20cm以上になる。
今年は化学肥料で栽培するが、夏の間に大量の刈り草を敷いて腐食質に富む土にしたい。

2019年4月21日 (日)

翔んで埼玉

映画「翔んで埼玉」を観に行った。イオンの株主だと、映画は1,000円でポップコーンかコーラ券付き。
チケットを買って上演まで30分以上あるので、そこらで時間をつぶす。
時間ギリギリになってから、ホットドッグとポップコーンを買ったのだが、チケットをよく見たらもう上映が始まっている。
それどころか、チケットには「キングダム」と書いてあるではないか。
私が買い間違えたのか。私が映画を観ると、2/3くらいの確率で問題が発生する。
まあいい。時間もないし、このまま見よう。
どうせ映画の冒頭は映画のCMばかりだ、ちょっと遅れて入っても問題はない。

席に向かうと私の席に女性が座っていた。
女性は席を代わろうとしてくれたが、隣にもう一人女性が座っている。窮屈なので、他の席に座ることにした。
念のため、もう一度チケットの席番号を確認した。あれ、チケットが2枚もある。そちらには「翔んで埼玉」と印刷されていた。

その女性に事情を聞くと、発券機のトラブルでチケットが出てこなかったとのこと。
なんとなく事情が飲み込めて来たぞ。
その女性がチケットを買った時にはチケットが出てこなくて、私がチケットを買った時に出て来たってことかな。
とりあえず、その女性にチケットを渡して、私は別のスクリーンに移動した。
客は私を含めて4人だったかな。

映画自体は、あまり面白くなかった。関東の人だったら笑えるのだろうなという場面が多かった。
パタリロを彷彿とさせる見かけだが、パタリロ的な笑いは少なかった。

NHKドラマ「トクサツガガガ」主演の小芝風花が、こんなとこにも出ている。やっぱかわいいなあ…と思っていたのだが、エンドロールに見たらぱるるだった。この二人、似てるんだな。
トクサツガガガで一番かわいいと思ったシーンは、これ。

Koshibagaga640

似ているといえば、映画の主演は(宮崎あおいに多少似ているはずの)二階堂ふみだったが、ぜんっぜんかわいくなかった。役柄が女版のパタリロではしかたないか。
脱線し放題ってところが、映画の感想を物語っている。

 

 

 

«エディタの練習

最近のトラックバック