2018年5月17日 (木)

ミョウガ群

我が家の塀の下に、セグロアシナガバチの巣がある。我が家にあるアシナガバチの巣の中では最大だが、こんな場所ではいずれ、ヒメスズメバチの餌食になってしまう。
いずれちゃんとした場所に引っ越さねば。

女王蜂がいない時に巣をむしって、ホットボンドでパレットにくっ付けた。氷を使って急冷すれば2分くらいで作業完了。
戻って来た女王蜂は巣を探してうろうろしていたが、パレットを近づけてやると、すぐに巣に取り付いた。簡単な足場を用意してパレットを置いた。

▽あとで写真

今夜は雨が降りそうなので、屋根も載せた。
この巣の近くには斑入りのミョウガがあるから、ミョウガ群と呼ぶことにする。

2018年5月16日 (水)

女王蜂帰還

ホットボンドで固定した巣に、女王蜂が戻ってきた。一番大きい幼虫がマユをかぶっているので、あと少しで働き蜂が羽化するはずだ。

▽あとで写真

この群は軒下の通路に営巣しているので、ここに居座ってもらうと困る。いずれ引っ越してもらわねばならない。ハチが覚えやすいよう、パレットの上に特徴的な何かを載せ、毎日、50cmずつ移動させる予定だ。
玄関の前を通過するのに一週間はかかるし、ツバメの巣の下も通らねばならない。移動は大変そうだ。
この巣を移動させる場所にはフェイジョアがあるので、この群をフェイジョア群と呼ぶことにする。

2018年5月15日 (火)

ハチの巣

母が作業中、セグロアシナガバチの巣を落としてしまった。
落とした巣には女王蜂が張り付いているが、このまま営巣を続けるには無理がある。
落ちた巣を拾ってホットボンドでパレットに固定し、パレットを元の位置に置いてみたが、夜になっても女王蜂は戻って来なかった。

我が家には、セグロアシナガバチの巣が10個以上ある。現在、観察している巣は以下の通り。

  • 東側の塀 → ミョウガ群
  • バスケットゴール下のポリポットの中
  • ミツバチの巣箱南 = 複数の女王で創設
  • ミツバチの巣箱北
  • テラス下のパレット
  • 軒下東の収穫カゴ
  • 軒下南のパレット = 母が落とした

ミツバチの巣箱は観察しやすいし、スズメバチから巣を守るのも簡単でオススメ。
それ以外の群は営巣環境を見て、パレットに固定するなどした方がいい。
パレットは移動しやすいし、網をかければスズメバチの害を防ぐことができる。
パレットの上に屋根を載せれば雨も避けられるし、「ハチの巣あり」と書いたプレートを載せれば事故も起こりにくい。

2018年5月14日 (月)

Office365

先日、持ち込まれたPCにWindows10をインストールできた。次はMicrosoftOfficeだ。
先方に問い合わせると、インストール用メディアはなく、プロダクトIDが記載されたカードだけがあるという。
現在、プリインストールされたMicosoftOfficeは、インストールメディアが付属せず、Microsoftからダウンロードしてインストールできる仕組みらしい。
正規ユーザかどうかは、プロダクトIDとMicrosoftIDで行なう。

MicosoftOfficeをダウンロードするためには、Office365というサービスに加入しなければならない。
このサービスには、1TBのOneDriveストレージや、MicrosoftOfficeの利用権が含まれる。
Word&Excel以外に、PowerPointも使用できる上、PC、スマホ、タブレット、それぞれ2台(=最大6台)まで、最新版がインストールできる。

プリインストールPCの場合、Office365のサービスは1年間だけ無料、MicrosoftOfficeは永久に使えるらしい。

MicrosoftOfficeがプリインストールされた古いPCがあるなら、処分する前にプロダクトIDだけでも確保しておきたい。プロダクトIDがあれば、最新版のMicrosoftOfficeが利用できる。

同じOfficeを別のPCで使う場合は、アンインストールの手続きが必要となるが、PCが壊れた場合はたぶん大丈夫。

2018年5月13日 (日)

タネまき

深夜の食卓で、チンゲンサイ第2陣、トウモロコシ第2陣のタネをまいた。
バジルも古いタネがあったのでまいてみた。

畑のホウレンソウ第2陣が、豪雨のせいでボロボロになっていた。欠株が多いので、芽がない場所にタネをまき足したが、天気予報を見るとダメっぽい。

2018年5月12日 (土)

花ひろば

明日は母の日だ。母に花を…という言い訳があるので、今日は堂々と花ひろばに出かけた。
母には、アルストロメリア(の苗)と園芸用土×5袋を贈ることにした。
私は特に欲しいものがあるわけでもなく、嫁が気に入ったガサニア×2を買っただけだが。

ところで、売り場にこんな鉢花が並んでいた。

▽あとで写真

特定外来生物として栽培が禁止されているオオキンケイギクの友達である。これはセーフなのか。
稔性が失われているなら構わないが。

2018年5月11日 (金)

タネまき

深夜の食卓で、カボチャ(栗みやこ)、オクラ(ガリバー)、シシトウ(伏見甘長)のタネをまいた。

2018年5月10日 (木)

接続できない

先日持ち込まれたパソコンだが、依頼主の環境だとインターネットに接続できないとのこと。
何に問題があるのか考えなくてはならない。

電話で指示して、パソコンをLANケーブルで光モデムに直結してもらった。そうするとインターネットに接続できた。光モデムとLANケーブルに異常はなさそうだ。
ルータは我が家の環境でインターネットに接続できたから、これも問題ない。
光モデムとルータの組み合わせだとうまくいかない。

使っていたパソコンは、LenovoのWindows8.1時代のノートPCだが、ウイルスに感染しているのか動作が重かった。原因として考えられるのはそいつくらい。

2018年5月 9日 (水)

きゃらぶき完成

昨日のきゃらぶきに、さらに醤油と蜂蜜と酒、唐辛子や山椒を加えて煮た。
わりと煮詰めて、きゃらぶき完成。

▽あとで写真

鷹の爪は、タネ(と胎座)を取り除いてあるので安心していたが、調子に乗り過ぎたようだ。
かなりの辛さである。今さらどうしようもないが。
去年のきゃらぶきがまだ、冷凍庫にたくさん残っている。

2018年5月 8日 (火)

きゃらぶき目前

徹夜できゃらぶきを煮た。大きな鍋より小さな鍋を複数使って煮た方が作業が楽だ。
今夜は時間がないので、フキの煮付けとして食べられるように味付けした。

今日は朝イチから名古屋で仕事がある。明け方にいったん終了。

2018年5月 7日 (月)

カリブラコアの花がら

越冬したカリブラコアを植え替えた。サントリーが育種したミリオンベルのレッドとオレンジ。
ナス科の植物は土を変えると調子が上がる。越冬した株は鉢から抜いて新しい土で植え戻せば、毎年、大きくなる。
カリブラコアは高pHを嫌うので、ブルーベリーのようなピートモスを混ぜた用土が適している。いつも通り5号鉢で育てて、大きくなったら8号鉢に植え替える予定だ。

大手メーカーが育種したサフィニアやカリブラコアは不稔性で、種子ができないから花摘み不要らしい。
たとえばサントリーの系統(=ミリオンベル)は、品種ラベルにわざわざ「花がら摘み不要」と書いてある。

他社のカリブラコアはどうだろう。
うちで育てているレモンスライスやホーリーモーリーは、米国のProvenWinnersが育種した系統(=スーパーベル)らしい。動画で確認してみよう。

…なるほど(=英語なのでわからない)。
ラベルにはもちろん、育種元の英語の文献にも、花がら摘みのことは書いてない。

育種によって三倍体になっていればタネはできないし、カリブラコアには、Male Sterility(雄性不稔)の系統も存在する。
ただし弱小メーカーのカリブラコアは、花粉を持つ品種が多い。そういった品種があればタネができるかもしれない。
カリブラコアは、個人でタネを採って育種するのも簡単。

2018年5月 6日 (日)

鷹の爪とか

フキを煮る準備をしなければいけない。
昆布を刻んで、自家製の鷹の爪のタネを抜いた。鷹の爪というのは、唐辛子の品種名である。
鷹の爪は彩りとしてたくさん入れたいが、そのままではきゃらぶきが辛くなってしまう。そこで鷹の爪のタネ(と胎座)を取り除いて、辛さを抑えようというわけだ。

Takacut Takataida

唐辛子はタネが辛いのではない。タネがくっついている胎座、スジのようなとこが辛い。
素手ではさわりたくない。ハサミとピンセットを使って注意深く作業した。

夜、ルータとPCを持った客が来た。
インターネットを契約したが、うまく接続できないということらしい。
無事に設定が終わったが、それはあくまでもうちの回線の話。自宅でうまく接続できるといいのだが。
PCを設定しながら、その合間に小鍋で少しだけきゃらぶきを煮て、お土産として渡した。

帰宅してからすぐ、まだ接続できないという連絡があった。

2018年5月 5日 (土)

フキの下処理

昨日収穫したフキを徹夜で加工する。洗って、ゆでて、皮をむき、4-5cmの長さに切って、また水に浸ける。

Fukicut

皮をむいて刻むと、アク抜きが速い。あまりアクを抜きすぎるとフキの風味がなくなるので注意したい。
フキの皮をむいていた手は、フキのアクでひどい色をしている。

ホウレンソウ(品種=リード)をすべて収穫した。

Spinachcrop1805

最後まで売り物にできるほどのホウレンソウだった。
ゆでたものをパックし、ツノ丸が持ち帰ることになった。
下宿に着いたら、すぐに冷凍庫に入れ、一か月ほどで食べ切る予定だ。

2018年5月 4日 (金)

フキ収穫2018

畑のフキが立派に育っている。そろそろきゃらぶきを作らねばらない。家栽培したフキは、GWまでに収穫しないと固くなる。
畑のフキは、去年よりさらに広がっていて、これをすべてきゃらぶきに加工するとなると、かなりの労力がかかりそうだ。

そんなわけで、フキをすべて収穫した。今夜、なんとか下処理だけでも済ませたい。
残った株を除草し、肥料をまいた。フキの新芽にアブラムシがいるので、後日、ジョウロで砂を洗い落してから農薬をかける予定。

ところで、世の中にはきゃらぶきのレシピがたくさんある。しかし、それを信用するのは危険だ。

  • 市販のフキはアクが少ない。
  • 早春のフキは柔らかい。
  • 市販のフキは柔らかい。

そういうのを真に受けて作ると、硬くておいしくないきゃらぶきになってしまう。

2018年5月 3日 (木)

問い合わせ

子供の日が近い。近所の人が何かの葉を持って来た。
「これってショウブなん?」
すぐにショウブだとわかったが、念のため、ちょっとむしって匂いをかいでみた。いたって普通のショウブである。

しばらしてから、また別の人が何かの葉を持って来た。
「これってショウブなん?」
それはキショウブだ。アヤメの友達でハナショウブより早く咲いて、(近所の)○○川にも生えている。キショウブを持ち込まれたのは初めてだ。

よく尋ねられるのはサカキとシキミ。あとは十五夜のハギとか、年末のウラジロも聞かれたことがある。

2018年5月 2日 (水)

夏野菜

親を病院に連れて行き、その帰りにコメリに寄って夏野菜の苗を買うことに。
ナス(千両2号)×5、キュウリ(四葉)×6、ピーマン(京みどり)×3、トマト(ぜいたくトマト)×4、日本カボチャ×1、スイカ(小玉黄)×3。
あとは半額になっていた花苗のビーダンスと、カボチャ(栗みやこ)のタネを買った。
ハウスから出荷されたばかりの苗が多いので、、二日ほど風の当たらない場所で外気に慣れさせる。

Summervegetable2018

カボチャは収穫が早く、貯蔵できない日本カボチャは苗から育てる。
貯蔵用の西洋カボチャやパターナッツカボチャは6月くらいにタネをまいて苗を作る。ブロッコリーやチンゲンサイ、トウモロコシの苗なんかも自家製。

Broccoliseedling Basilseedling

妹が家に来て、畑からホウレンソウとニラとサヤエンドウとフキを収穫していった。
ホウレンソウ(品種=リード)の芽を観察すると、花芽を持っていた。あと半月もすれば抽苔するようだ。

2018年5月 1日 (火)

畑ログ2018年5月

x. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
f. 未使用│スイセン (Galilee)───┼イチョウ────────────
e. スイセン(FR/IF│Camelot)────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. サヤエンドウ──────│イチゴ┼ホウレン(ST)─│ヤマイモ(治田芋)
c. ────────│里芋(伊予美人)┼BB(Nat.)───│ホウレン(リード)
b. ────────│ブロッコリ──┼ニラ│スイセン(不明)──────
a. 空き────│ニラ───────┼スイセン│シシトウ(伏見)│トマト
9. ネギ(坊主不知)─────│ウコギ┼空き────────────空き
8. サトイモ(伊予美人)───────┼ジャガイモ(シェリー)──────
7. フキ (IK2)──────│ネギ(SH)┼スイートコーン(ゴールドラッシュ)
6. 空き──│フキ (IK2)│ネギ(SH)─┼ジャガイモ(シェリー)│ニラ───
5. 空き───│雑木│イボタ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ジャガイモ(シェリー)──────
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼BB×20(ラビットアイ系)───│FR
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

2018年4月30日 (月)

ホウレンソウ第2陣

ホウレンソウの第2陣のタネをまいた。品種はサマートップである。
条間20cm、2-3cm間隔で1粒ずつすじまき。
適当にすじまきする人がいるが、間引きする手間がかかるし、間引きによって隣の苗を傷つけてしまうからやめた方がいい。

第1陣のホウレンソウ(品種=リード)を収穫した。今がちょうど最盛期である。

Spinachcrop

ホウレンソウは収穫が始まったあたりに次のタネをまかないと、収穫できない期間ができる。今からタネをまいていたのでは遅い。

2018年4月29日 (日)

サボ屋

嫁の運転で、近所のサボテン屋に出かけた。
温室の中は気温も高く、たくさんのサボテンが開花していた。

私が好んで栽培しているサボテンはどれもギムノカリキウム属。こいつらは自家受粉できないため、2鉢ないと種子が採れない。
自称500円の海王丸をもう一つ買わねば。30分以上、海王丸を品定めしていたが、嫁に隙がなくて買えなかった。

嫁はよくわからない多肉植物を(私のお金で)買った。

▽あとで写真

嫁はどうやら毛深い多肉が好みらしい。

2018年4月28日 (土)

挿し木苗の手入れ

ブルーベリーの挿し木苗を手入れした。挿し木2-3年生がポリポット75-90mmに植えてある。
大雪でいくつか枯れたものの、概ね元気だ。
雑草を抜いて化成肥料を1粒置いて終了。

▽あとで写真

とはいえ、そろそろ地上部が大きくなりすぎて、すぐに水切れを起こしてしまう。今月中に植え替えをしたいところ。

«里芋植え付け

最近のトラックバック