2018年2月 1日 (木)

畑ログ2018年2月

x. イチジク(ビオレソリエス)│ジャガイモ(ニシユタカ)
f. スイセン(Galilee│Galilee)+イチョウ
e. スイセン(MountHood│Salome│不明)│ネギ(九条太)
d. サトイモ(伊予美人)│大根(白秋)
c. サヤエンドウ│Rubus(Natchez)│スイセン(Camelot)
b. ホウレンソウ(アトラス│空き)│シュンギク(さとゆたか)│ニラ│空き
a. 空き──空き│白菜(富風)
9. ネギ(坊主不知)│ウコギ│空き──空き
8. イチゴ│空き──空き
7. ネギ(さつき姫)│ブロッコリー(緑積)
6. フキ(IK2)│ネギ(九条太)│ニラ
5. Rubus幼苗(Natchez)│イボタノキ│空き│ニラ│アマドコロ
4. Rubus(Natchez)│クリ│ピスタチオ│空き
3. Rubus幼苗(Natchez)│オニユリ│イチゴ│空き
2. BB×5(FFFFF)│空き│BB×5(CDCDC)
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)│BB×20?+FloridaRose
0. Rubus(Navaho)│花菖蒲│ニラ│アヤメ

2018年1月31日 (水)

サボテン植え替え

朝、家を出る直前にサボテンの鉢をひっくり返してしまった。
よりによって翠晃冠錦。幸いなことに傷はない…ように見えるが、植え直す暇はないので、母に掃除を頼んで仕事にでかけた。
帰宅してから、新しい鉢に植えることにした。
アップルウェアーの硬質プラ鉢、プレステラ90型(3号)だ。

Prestella90mm

スリットが広くて長いので用土がこぼれるのが欠点。
硬質プラ製なので自立するし、四角なので、パレットにびっしりと美しく並べられるのは助かる。

2018年1月28日 (日)

白菜とか

畑で放置の白菜は、大雪で葉が開いてしまった。
その上、連日の氷点下で白菜が一部凍っている。凍ったやつは収穫しておこう。

Hakusai2018jan

イベントに合わせてツノ丸が帰省していたので、モチをついて、コメやや白菜と共に持たせた。
冷蔵庫を漁って、酒と食材を持って行った。

2018年1月27日 (土)

イベント3日目

詳しいことは知らないが、愛知県体育館で何かイベントがあったようだ。
今日がそのイベントの最終日。

Mode1 Mode2

何をしているのかわからないがカッコいい。たぶん魔物か何かを召喚している人たちだと思う。
それからイベントのたびに歌って踊ってくれた人たちがカッコよかった。

Bishslash

1日2ステージ×3日間で6回。清掃員の皆様も含めて、お疲れ様でした。

Bishreturn

いや、BiSHなんて知らないけど。

 

 

 

 

 


 

…で、終わるつもりだったが、

歌もダンスもホントへったくそだったモモコが、ちゃんと歌って踊ってるのを見ると感慨深いものがある。なんか保護者目線で涙が出そうになる。

Momokopose

あんなちっちゃいのが一生懸命頑張っているのを見てると、自分も仕事がんばろうって気持ちになる。

それから、モモコのついでみたいで申し訳ないんだけど、

銀賞おめでとう!!!

モモコほどじゃないと思うけど、がんばっていたのは知ってる。

2018年1月26日 (金)

搬入

明日のイベントに備えて搬入。会場の愛知県は、雪はそこそこ解けて順調に搬入が終わった。
私は家でぬくぬくと、パソコンをいじっていただけだが。
先日のOptiPlexを主力PCにすべく、各種ソフトをインストールする。Windowsをインストールし、VisualStudio, androidStudio, ArduinoIDE, TrueStudio, STM32CubeMX, Fitzing, B-Sch3V, 秀丸エディタ, GIMP2など。
インストールにはひじょうに時間がかかる。何か時間つぶしをしなくては。

コールと振りコピの復習とか、新しいLEDサイに6人分の色を設定した。
赤→黄→青→紫→白→桃、抵抗のカラーコード順である。
推しの黄と赤だけで十分だが、ビー玉とロックは赤、江戸切子や松阪木綿と海は青、それくらいは即座に対応できる。
リュックはライブの衣装に合わせて、自分が着るパーカーは推し色で。

2018年1月25日 (木)

日付が変わる頃から雪が降り出した。
04:00くらいに雪かきをしたが、朝にはまた元通りになっていた。
望むところだ。もう一度、雪かき。
朝08:00で庭の積雪は23cmほど。

Snowgarden

昨年の大雪と比べると、そんなに雪も多くないし、家の周囲を100mほど雪かきした。

天気が良くなると屋根から雪が落ちてきて、庭の植物の枝を折る。
ピワとフェイジョア、ブルーベリーを落雪がない場所に移動した。

2018年1月24日 (水)

吹雪

仕事帰りに猛吹雪。そろそろ帰ろうと思ったら、ほんの5分で天候が急変。吹雪で周りが見えないくらいになった。
ま、地下道を歩けばいいんだけど。
名駅に着くと、すでに岐阜方面の電車は止まっていた。
三重県方面はちょっと遅れているだけで大丈夫。
発車待ちの電車の中にまで雪が舞う始末だったが、岐阜県民のことを考えたらまだマシか。
帰りの電車の中で、駅から車で帰れるのか考えていたが、三重県は晴れていた。

主力PCに開発環境を整えている。
秀丸エディタ, VisualStudio, androidStudio, ArduinoIDE, TrueStudio

2018年1月23日 (火)

Yahoo!を確定申告

そろそろ確定申告の時期だ。
昨年までは楽天銀行のログで、ほとんどの売上げが把握できた。
楽天銀行は入出金のログをPDFファイルとして出力できるため、ヤフオクの数百件の取引きを数ページのログだけで把握できた。
だが今年から、Yahoo!が導入した預託金システムのせいで、多くの取引がヤフオクだけで終わるようになった。
この預託金システムは、世界一高い日本の銀行振込手数料を回避できるのでひじょうに助かるのだが、ログを出力する機能がない。確定申告にはとても使いにくい。

webで取引ログを表示することはできるが、1件あたりのログが大きくて、1画面にたったの数件しか表示できない。
しかたがないので、webから文字情報だけをコピペして、テキストファイルにした。
このままではwebからのコピペなのでとても見にくい。そこで秀丸のマクロを使って、これを整形するスクリプトを書いてみた。。
これなら、CSV形式で出力して、そのままExcelで読み込むこともできる。

※追記. せっかく作ったのにYahoo!でも、CSV出力が可能になった模様。

2018年1月22日 (月)

SFFのケース

次々に届くOptiPlexをセットアップしている。
メモリを増設するため、ケースを開けてドライブを外している。DELLのSFFシリーズは、ネジなどを使わない見事な設計となっており、メモリを増設してもネジを回すことはなかった。
今日はOptiPlex3010と7020という、同じような機種2台をセットアップした。
作業を始めるまでずっと同じケースだと思っていたが、取っ手の大きさなどが違うようだ。

Optiplexhook

壊れたPCをニコイチで再生する場合は注意しないといけない。
見た感じだと、大きな取っ手はCPUクーラ(のエアガイド)と干渉するように見える。

先日手に入れたOptiPlex3010には、TOSHIBA製のHDD(ハードディスク)が入っていた。

Hddtoshiba

ノートPC用みたいな小型HDDである。これって相当、遅いんじゃないかな。
3000シリーズはコスパ重視だから、HDDさえもコストダウンを図ったのかもしれない。
この部分をSSDに換装したら、かなり高速化できると思う。
ところで、こんなところにスイッチがある。

Opensensor

このスイッチはケースを開けたまま電源が入らないようにするためのセンサになっている。たぶん。
ドライブ交換やメモリテストの時など、ケースを開けたまま起動したいなら取り外しておくといい。スイッチはスライドすると外れるようになっている。
マイナスドライバーでこじ開けるようにして取り外した。
機種によってはCPUクーラ(のエアガイド)と干渉するため、他の部品を取り外してからでないと取り外すことができないこともある。

2018年1月21日 (日)

イベント二日目

詳しいことは知らないが、大阪城ホールで何かイベントがあったらしい。

Bishosaka

来週は名古屋で最終日。チケットには撮影禁止と記載されているが、BiSHなのでもちろん撮影OK。いや、BiSHなんて知らないが。
ちゃんと公式サイトには撮影OKと書いてあるし、大阪城ホール、東京ビッグサイトでも撮影OKだった。

▽公式サイト抜粋
[注意]※ゲストライブの写真撮影は可能ですが、動画撮影や録音行為は固くお断りします。
※会場内でのモッシュ、ダイブ等、危険行為は一切禁止です。

いや、BiSHなんて聞いたこともないが。

2018年1月20日 (土)

コメリのジャガイモ

コメリにジャガイモの種芋が大量に並んでいた。とにかく品種が多くて10種類以上あった。
最近のはやりなのか、安い定番と高い新品種がある。
定番は男爵やメークイン、キタアカリなんかで、3kgで2,000円ほど。それに対して、シンシアのようなおフランスの品種は500gが600円くらいざます。
うちはシェリーとシンシアを植える予定だが、すでに種芋は確保してある。

ついでに筋トレの道具をいろいろ買ってきた。

▽後で写真

腹筋ローラーと、腕立て伏せと、内転筋を鍛える器具を買ってきた。分解して怪しいメカを作る予定。

2018年1月19日 (金)

PC置換2018

中古PCが安くなるのを待って、PCの置換を進めている。予定している機種はDELL OptiPlexの中古。
そこそこ価格が下がってきたので、とりあえず5台ほど落札した。

Optiplex4set

この程度の中古PCは1-2万円、5台買って7万円くらい。とりあえずi5×3台とi3が2台。少々壊れていても直せばいいし、傷も気にしない。
メモリはどれも4GBと標準的。増設したいので、DDR3なメモリも8GBほど調達した。

Ddr3compare

OptiPlex3010,7020,9010の3機種で、いずれもSFF(Small Form Factor)と呼ばれる小型モデルである。
とりあえずWindows10をインストールして、認証が通らなかったPCは、Windows8.1を再インストールする予定だ。

Windows10はMicrosoftからダウンロードできるし、DELLのWindows8.1のDVDを使えば、どのPCにもWindows8.1がインストールできる。

2018年1月18日 (木)

LEDサイ

LEDでサイリウムを作ろう。サイリウムというのはライブなんかで振り回す光る棒のこと。
薬品が詰まった棒をへし折ると、中で二つの薬品が混じり合って化学反応で発光するようになっている。
正しくはケミカルライトというらしいが、世間的にはサイリウムで通じる。
サイリウムのつづりはCylum、開発した会社名のCyanamidと発光を意味するluminescenceの合成語である。
よって正しくはサイリウムではなくサイリュームではないかという方もいるだろうが、サイリュームは登録商標なので、一般的なパチモンはサイリウムと名乗っているようだ。
これを電子回路で作ってみたい。化学反応で発光する代わりに、LEDを使えばON/OFFもできるし、色も変えられる。
ようするにペンライトである。とりあえず買ってみた。

▽あとで写真

市販のLEDサイリウム(面倒なので以下LEDサイ)は、基本的に色が変えられる。登録した色セットをワンキーで呼び出せる。スマホでコントロールできるものもある。
別に私はライブに行ったりはしないので、実用性はどうでもいい。
デザインとか、小型化を無視すれば作るのは簡単そうだ。
メーカーがあまり作れないような機能が欲しい。とりあえず振り回すと、空中に文字が表示されるトコまで作った。

2018年1月17日 (水)

アナプセ

サボ屋の初売りで買ってきたセトーサの根元。

Anagemin

根元に生えているのは、きっと周囲に置いてあったアナカンプセロス属の何か。
隣の鉢のラベルには、Anacampseros rufe...(以下、土の中)と書かれていたから、世間でいう吹雪の松だろうか。
ブロンズ姫に毛がはえたような姿で、ポーチュラカみたいな花が咲く

こういう感じの多肉植物を育てるために鉢が欲しい。
野菜苗やブルーベリーはポリポットでも構わないが、ポリポットは自立させるには弱い。ポリポットをつかんでポリポットが変形すれば、用土が動いて細い根も切れるだろう。
アップルウェアーの硬質プラ鉢、プレステラ90型(3号)を買った。

2018年1月16日 (火)

サボテン制限

中学校の図書室に「サボテン・多肉・食虫植物(家庭の園芸シリーズ)」という本があった。
1979年6月に出版された本だが、それを読んだ私は、それぞれの分野にずいぶんハマっていた。
自転車で遠くの園芸店に通っていた。一日に100km以上走ることも。
食虫植物のハエジゴクなんて、トロ箱いっぱいに生きた水苔を育て、その中にビッシリと植えていた。
サボタニはあまり手を出さなかったとはいえ、コノフィツムなんかはやはり平たい鉢にそれこそ砂利のように植えていた。

だがそれらはすべて高校生になってから全滅した。全寮制の高専に進学したからである。
同時にパソコンに没頭したこともあり、どうやって全滅したのかよく覚えていない。
まあいい。長文になりそうなのでやめよう。

何が言いたいかというと、またハマるのは避けたい。
そんなわけで、サボテンは最大8種類までとしたい。プログラマは2^nを好む。
先日の翠晃冠錦、ウズ丸が誕プレでもらった麗光殿、いずれこっそり海王丸、台木用に袖ヶ浦、はま寿司のドラゴンフルーツで早くも5品種である。
残りは3枠しかないのか。意外に厳しいな。

多肉は無制限でいいと思っている。嫁の多肉を私が管理しているだけだ…と言い張ればいい。

2018年1月15日 (月)

DELLのWin8.1

Windows10のライセンス認証ができなかったPCに、Windows8.1をインストールししたい。
月に一度、妙な呪文を唱えれば、死ぬまで使い続けることはできるが、そもそもこのPCはインストールとかで遊ぶために買ったのだ。
インストールに使ったWindows8.1のDVDはこれ。

Win81dell

Windows8.1のインストールは、中古PC特有のインストール手順となる。
UEFIを有効にして、UEFIなDVDドライブから起動し、diskpartコマンドを駆使してからのインストールとなる。
Windows10と同じ手順を踏んだ。昨日やってあるが、もう一度やっておく。

Windows8.1の場合、インストールの途中で、執拗にMicrosoftアカウントを取得するよう勧めてくる。その画面を抜けないと先に進めない。

そこで、いったん新規で取得するように見せかけて、
Microsoftアカウントを使わずにサインインする
を選択すればスキップできるようだ。
なんとかインストールしたWindows8.1/Proだったが、最後までプロダクトIDを要求されることはなかった。もちろんライセンス認証も済んでいる。カラクリがよくわからない。

Windows8は世界中で不評だったが、企業には特に不評だった。Windows8がたとえ8.1になっても、ビジネスPCでは、ダウングレードしてWindows7を使うのが常識だった。
だから当時のOptiPlexは…というか、DELLのWindows8.1は、自動でライセンス認証されるようになっているのかもしれない。

ちなみにPCのCOAシールはWindows7だけである。

2018年1月14日 (日)

DELLのWin10

中古PCの相場が下がってきた。来月にはもっと安くなるが、1万円程度なら、保守部品として買っておいてもいい。
DVDとか、メモリなんかを部品単位で交換したいことはよくある。

そんなわけで、DELL OptiPlex7010/SFFをもう1台落札した。
CPUはCore i3-3240/3.40GHzである。
年末、OptiPlexにWindows10をインストールする実験をしたが、その時と同じ型番、CPUも同じだ。

前回はプロダクトIDを入力しなくてもインストールできてしまった。それがどうも納得いかない。同じ条件で追試をしてみよう。
インストールは無事に完了したが、PCのプロパティで確認すると、"Windowsはライセンス認証されていません"と表示されている。
これなら納得である。
PCにはWindows7のCOAシールが貼られている。試しにこのプロダクトIDを入力してみたが、これも蹴られてしまった。

DELLの場合、Windows10が選択可能なPCには、BIOSにそのIDが書き込まれている。その署名によって自動的にライセンス認証される。
ユーザがWindows10にアップグレードしたPCは、Microsoftのサーバにその情報が登録されている。よってこちらもWindows10のライセンス認証は不要。

ヤフオクでは、DELLのPC付属のWindows10がたくさん販売されているが、それを買ってもゴミということだ。その理由は、

  • Windows10がインストールされていたPCでないと使えない。
  • Windows10は、Microsoftから最新版がダウンロードできる。
  • 古い付属DVDからインストールするとアップデートにすごく時間がかかる。

Inspiron545のように、付属DVDでリカバリ(再インストール)するだけで、WindowsVista(とOffice)がインストールされる時代もあった。だが少なくとも今回のDELL製Windows10は、そうなっていないようだ。

ところで、このPCだが、そのままだとWindows10の試用期限が切れてしまい使えなくなる。このままなんとか使いたいというなら、ライセンス認証の猶予延長コマンドを実行するといい。
ライセンス認証猶予延長コマンドを使うと、30日だけライセンス認証を待ってくれる。
このコマンドは使用する回数に制限がある。今回使ったOptiPlexで調べたところ、回数制限はあと1001回となっていた。1001日ではない。1001回である。そう、30日を1001回である。

詳しいことは各自で調べていただきたい。

2018年1月13日 (土)

イベント初日

詳しいことは知らないが、東京ビッグサイトで何かイベントがあったらしい。

Bish

来週は大阪。チケットには撮影禁止と記載されているが、BiSHなのでもちろん撮影OK。
いや、BiSHなんて知らないが。
ちゃんと公式サイトには撮影OKと書いてあるし、初日の東京ビッグサイトでも撮影OKだった。

▽公式サイト抜粋
[注意]※ゲストライブの写真撮影は可能ですが、動画撮影や録音行為は固くお断りします。
※会場内でのモッシュ、ダイブ等、危険行為は一切禁止です。

いや、BiSHなんて聞いたこともないが。

2018年1月12日 (金)

袖ヶ浦

うちの翠晃冠錦が増えるのはいつの日か。プロは実生だけど、素人ならカキ仔が一般的。
カキ仔をそのまま植えてもいいのだけど、接ぎ木すれば促成栽培ができる。
となると台木用の品種も植えておきたい。

園芸店では、柱状のサボテンの上に赤いサボテンが載ったものをよく見かけるが、
あれは頭の部分が緋牡丹、台木部分が三角柱という品種。三角柱を台木にすると、成長は早いが低温に弱い。寿命も短いらしい。
これを竜神木や袖ヶ浦にすると、長持ちするとか。竜神木もさほど低温には強くないから、袖ヶ浦を植えておこう。
袖ヶ浦はギムノカリキウム属とは相性がイマイチだず、接ぎ木できないわけでもないし。

サボテンの接ぎ木は、鉢ごと糸をかける方法もあるが、最近は伸縮性のある包帯でやる人が多い。
瞬間接着剤でペタっとやる方法もある。冗談だと思っている人もいるが、サボテンではよく使われる方法だ。
切り口をくっつけるのではなく、穂木の周囲を瞬間接着剤で固定する感じ。

行き当たりばったりの人生なのに、趣味となると綿密な計画立てちゃうのはきっとプログラマだから。


2018年1月11日 (木)

翠晃冠錦

斑入りのサボテンはナントカ錦と呼ばれている。先日、私が買ったサボテンも翠晃冠錦という名前になっている。
いろんな模様の個体の中から、ツノ姉が選んだのはコレ。

Gymanisitsii

サボテンのピンク色の部分は紅葉みたいなもので、気温が上がると消えてしまうと思う。
全体的に斑が入った個体は高価だが、私は花の代わりだと思っているので、どこか一部分に斑が入っている方が好きだ。

«サボ屋の初売り

最近のトラックバック